太陽光発電は儲かる?売電収入7つのポイント

厳選会社を比較して最安値が探せます!

太陽光発電の導入費用が、
無料でカンタンに、今すぐ分かります!

→たった1分で完了! 太陽光発電の無料一括見積もり

変換効率と実発電量

太陽光発電でよく聞く「モジュール変換効率」ですが、
これはあくまで発電量を推測する為の目安に過ぎず、
売電で儲かる為には実際の発電量である、
「実発電量」が大きくないと意味がありません。

 

モジュール変換効率が高ければ、
実発電量も大きくなるんじゃないの?

 

という思い込みをされる方は多いのですが、
実は、必ずしもそうはなりません。

 

売電で儲かる為には、まず、
「変換効率が高い=実発電量が大きい」という風に、
単純に考えず、その関係性をきちんと理解する事。

 

そして、その正しい理解の上で、
設置費用に対して最大の発電量を得られるような、
太陽光発電システムを構築する必要があります。

モジュール変換効率とは?

まず、モジュール変換効率というのは、
1平方メートル当たりに受けた太陽光エネルギーのうち、
何パーセントを電力に変換できるかを表す数値で、
太陽光エネルギー(W)に対する、
出力電気エネルギー(W)の割合で決まります。

 

つまり、1平方メートルに対して100ワットの太陽光を受けて、
15ワットの電力を生み出す太陽光パネルがあった場合、
その変換効率は15%
である、という事です。

 

とてもシンプルですよね。

 

そしてメーカーが発表している「モジュール変換効率」は
世界共通の基準で測定する必要がある為、
光の強度や温度など、その測定条件が統一されています。

 

測定テストには光の強度を一定に保つ為、
擬似的に太陽光を発生させる、
ソーラーシミュレーターが使用され、

 

・太陽光発電パネル温度25℃
・1平米あたり1000ワット
・1.5AM(1.5エアマス。日の角度の単位)

 

という条件の下で測定されます。

変換効率はあくまで目安に過ぎない

しかしこれらの条件はあくまで、
変換効率を公平に測定し比較する為のもの過ぎず、
実は日本においてこの条件と同じ状態になるのは、
1年でわずか2〜3時間程度
と言われています。

 

測定テストでは1平米あたり1000ワットの太陽光を
測定条件としていますが、
実際の晴天時でも得られる太陽光エネルギーは、
せいぜい600〜800ワット程度です。

 

逆に1000ワットに達するほどの直射日光を浴びると、
今度はパネルの温度が上昇する事になり、
晴天時のパネルの温度は25℃を上回る事が大半です。

 

つまり太陽光が1000ワットでパネル温度25℃というのは、
現実にはほとんどあり得ない状況であって、
この条件での測定値である「発電効率」は、
あくまで目安に過ぎないという事がわかります。

 

それでは売電で儲かる為に、
実際の発電量である「実発電量」を最大化する為には、
どうすれば良いのでしょうか。

実発電量を大きくする為のポイントはまず「設置面積」

まずは「設置面積」に注目する事です。

 

モジュール変換効率というのは、あくまで、
同じ「面積」当たりの発電量を比較する為の数値です。

 

言い換えれば、メーカー側が、
「設置面積が狭くても発電量が確保できますよ。」
という事をアピールする為の目安と言えます。

 

しかし、変換効率の高いパネルほど、
同じ「発電量」あたりの設置費用は
高額になる傾向にある為、利益は出にくくなります。

 

売電で儲かるにはあくまでも、
「設置費用」という支出に対して
「発電量」による収入が大きくなる事が重要です。

 

例えば変換効率が非常に高いA社のパネルに対して、
B社のパネルが半分の変換効率しかなかったとしても、
B社のパネルを2倍の面積設置すれば、
同じだけの発電量が確保できます。

 

そして同じ発電量を得る為に、
A社のパネルを設置するよりも、
B社のパネルを2倍の面積設置した方が、
設置費用が安かった場合、
B社で設置した方が利益が出やすくなります。

 

つまり屋根が広くて設置面積を大きく出来る場合や、
農地や空き地などに設置する場合などは、
変換効率は重視する必要がない
のです。

 

日本は家が小さく屋根も狭い事が多い為、
住宅用太陽光発電において
無視できない要素ではあります。

 

しかし、最終的に儲けに直結するのは変換効率よりも、
「設置費用に対する発電量」である
という事を
ぜひ覚えておいてください。

もう一つの重要なポイントは「太陽光パネルの特性」

もう一つは「太陽光発電パネルの特性」です。

 

太陽光発電パネルには、

 

温度が上がると発電効率が下がる

 

パネルの一部に影が落ちるだけで、
パネル全体の発電効率が下がる

 

太陽光が強い時と弱い時で発電効率が変わる

 

など、実発電量に大きく影響する特性があります。

 

そしてメーカーや商品によって、
これらの特性の出やすさに差がある為、
設置面積や屋根の形状、気候などとの相性を考慮し、
パネルを選択する必要が出てくるのです。

 

例えば、年間通して日差しが弱い気候の場合や、
屋根の方角が南向きではない場合などは、
低照度でも発電効率の落ちにくいパネルが良いでしょう。

 

周りに高い建物や、高い木が立っていたりして、
パネルに影が落ちる時間のある立地なら、
影に強いパネルを選んだ方が良いかもしれません。

 

日差しが強くてパネルが熱くなりやすい地域なら、
高温に強いパネルという事になるでしょう。

 

太陽光発電パネルにはメーカーや商品によって、
さまざまな特性があって、太陽光発電システムの導入には、
こうした特性を考慮する事が必要になります。

実発電量は様々な要素が絡み合って決まる。

例えば、高温や低照度、影に強い太陽光発電パネルなら、
ソーラーフロンティアが有名ですが、
ここが実発電量では群を抜いています。

 

一方で変換効率で言えば
トップである東芝の20.1%に対し、
ソーラーフロンティアが13.8%です。

 

ソーラーフロンティアのパネルで、
東芝のパネルと同じ発電量を得る為には、
やや広い設置面積が必要、という事が言えます。

 

このように、売電収入に直結する「実発電量」は、
太陽光パネルの特性や、設置面積、屋根の形状、
設置場所の条件の組み合わせによって決まります。

 

それに加えて売電で儲かる為には
設置費用とのバランスを考慮に入れる必要があり、
その計算は複雑
です。

 

実際のところは見積もりを取ってみないと
正確な数字はわからないと思いますので、
ぜひ専門家に相談されることをおススメします。

さらなる高額査定を呼び寄せる方法!

一括見積サイトに複数登録しておくと、 さらに業者の間で競争が起こるので
お得な見積もりに結びつく可能性がグーンと高まります。

タイナビ

 

無料一括見積で賢くお得に!

・顧客満足度はなんと脅威の98%!
・ペナルティー制度でクレームが多い企業は排除!

 タイナビ



グリーンエネルギーナビ

 

厳選会社を比較して最安値が探せる!

・厳しい審査に通過した会社のみをご紹介
・お客様サポートによる完全個別対応

グリーンエネルギーナビ



さらなる査定額アップを目指す方は、
「タイナビ」と「グリーンエネルギーナビ」
この2つに登録しておくと間違いないですね。

売電価格は毎年引き下げられています。
太陽光発電の導入はまさに今がチャンス!

→たった1分で完了! 太陽光発電の無料一括見積もり