太陽光発電は儲かる?売電収入7つのポイント

厳選会社を比較して最安値が探せます!

太陽光発電の導入費用が、
無料でカンタンに、今すぐ分かります!

→たった1分で完了! 太陽光発電の無料一括見積もり

太陽光発電での電力が有利に売れる固定価格買取制度

太陽光発電での電力は、2009年にスタートした
固定価格買取制度によって、非常に有利な条件で
電力会社に買い取ってもらい利益を得る事ができます。

 

太陽光発電の普及を目的としたこの制度によって、
電力会社による電力の買い取り価格は、
私たちが一般的に支払う電気代よりも
かなり割高に設定されています。

 

電力会社は太陽光発電での電力を
高値で買い取る事をこの制度で義務付けられており、
その価格は太陽光発電を設置した年の価格で
10年間か20年間固定となります。

 

つまり太陽光発電を設置した年の電力の買い取り価格が
1kWあたり35円であれば、10年間かあるいは20年間、
同じ35円で買い取り続けてもらえるという事です。

 

太陽光発電を設置した人にとっては
非常に有利なこの制度ですが、
しかしこの買取価格は年々引き下げられていく事が
法律により既に決まっています。

 

この制度自体が太陽光発電の普及を目的としている為、
その普及と共に必要性が低くなっていくからなのですが、
最終的には制度自体が無くなることも予定されています。

 

買い取り価格が年々下がっていった結果、
新聞などの一部報道では太陽光発電はもう
特別儲かる投資ではなくなったとも言われる事もあるようです。

 

それでは現在の買い取り価格はいくらでしょうか。

電力の買い取り価格の推移

以下が電力の買い取り価格の推移になっています。

 

制度が開始された2009年を最高額として、
年々引き下げられている事がわかります。

 

 

余剰買取

全量買取

平成22年度 48円  
平成23年度 42円  
平成24年度 42円 40円+税
平成25年度 38円 36円+税
平成26年度 37円 32円+税
平成27年度 35円 or 33円

4月〜:29円+税
7月〜:27円+税

制度開始当初は48円一律だった買取価格ですが、
年を追うごとに項目が分かれていっています。

 

まず、平成24年度からは、
「全量買取」がスタートしました。

 

余剰買取とは太陽光発電した電力のうち、
家庭で利用した電力の余りなどを売電する事で、
全量買取価格とは発電した電力の全てを売電する事です。

 

余剰買取がいわゆる住宅用太陽光発電、
全量買取が産業用太陽光発電といわれ、
太陽光発電システムの発電容量で分かれます。

 

10kW未満で余剰買取制度、
10kW以上で全量買取制度を利用する事になります。

 

ただし、個人宅でも10kW以上なら
産業用として全量買取が利用できますし、
法事でも10kW以下なら住宅用として
余剰買取が適用される場合もあります。

 

新聞などの一部報道などで、
太陽光発電はもう有利な投資ではなくなった、
というような事が言われる事もありますが、
それはあくまで以前に比べて、という話。

 

産業用太陽光発電については、
平成27年度からは全量買取価格が27円と下がった分、
以前に比べて有利さが多少失われてはいます。

 

そうはいっても20年間の固定価格買取のメリットは大きく、
依然としてローリスクな投資であることは変わりません。

 

そして一方、住宅用太陽光発電についても、
近年システム価格が大幅に下がってきたわりには、
売電価格はそれほど下がっていませんので、
こちらも投資としての優位性は保たれていると言えます。

 

そして平成27年度からは更に、
余剰買取に関しては地域によって買い取り価格がわかれ、
全量買取に関しては年2回の引き下げが行なわれる事になり、
さらに複雑になっています。

平成27年度さらに複雑になった買い取り価格

平成27年度からは買い取り価格がさらに複雑になりました。

 

まず余剰買取制度については、
地域によって買い取り価格が分かれることになりました。

 

地域によって太陽光発電導入の際に
「出力制御対応機器」の設置が義務付けられ、
その設置に1万円程度の追加投資が必要になる事から、
その負担分としてやや買い取り価格が高めになっています。

 

出力制御対応機器というのは、
電気が余っている時など太陽光で発電された電力を、
電気系統に流さないように電力会社の方で制御する機器で、
電力会社によって対応が変わります。

 

出力制御対応機器

地域

(管轄電力会社)

売電価格

(1kWあたり)

設置義務有り 北海道・東北・北陸・中国・四国・九州・沖縄 35円
設置義務なし 東京・中部・関西 33円

 

次に全量買取ですが、こちらは買い取り価格の引き下げが
4月と7月の年2回になりました。

 

平成27年度4月〜 29円
平成27年度7月〜 27円

買取価格の今後

最初にもお話ししましたが、
固定価格買取制度による買取価格は、
今後下がることが決まっており上がる事はありません。

 

そして最終的には制度自体が無くなる事が既に決まっています。

 

システム価格もどんどん下がってきていましたが、
最近は下げ止まってきた印象です。

 

買い取りはまた来年度引き下げられますが、
どれくらい引き下げられるかはわかりません。

 

次回の引き下げではもう儲かる事が
難しくなるほど買い取り価格が下がるかもしれないのです。

 

太陽光発電の設置を検討されるなら、
まだ買い取り価格が高い水準を維持していて、
儲かる可能性の高い今のうちに、
見積もりだけでもとっておくことをおすすめします。

さらなる高額査定を呼び寄せる方法!

一括見積サイトに複数登録しておくと、 さらに業者の間で競争が起こるので
お得な見積もりに結びつく可能性がグーンと高まります。

タイナビ

 

無料一括見積で賢くお得に!

・顧客満足度はなんと脅威の98%!
・ペナルティー制度でクレームが多い企業は排除!

 タイナビ



グリーンエネルギーナビ

 

厳選会社を比較して最安値が探せる!

・厳しい審査に通過した会社のみをご紹介
・お客様サポートによる完全個別対応

グリーンエネルギーナビ



さらなる査定額アップを目指す方は、
「タイナビ」と「グリーンエネルギーナビ」
この2つに登録しておくと間違いないですね。

売電価格は毎年引き下げられています。
太陽光発電の導入はまさに今がチャンス!

→たった1分で完了! 太陽光発電の無料一括見積もり