太陽光発電は儲かる?売電収入7つのポイント

厳選会社を比較して最安値が探せます!

太陽光発電の導入費用が、
無料でカンタンに、今すぐ分かります!

→たった1分で完了! 太陽光発電の無料一括見積もり

ソーラーローン利用で初期費用0円の太陽光発電設置は可能か。

低価格化が進んでいる太陽光発電システムではありますが、
それでも設置には100万円以上の費用がかかります。

 

自宅には広めで日当たりの良い南向きの屋根があって、
設置したら儲かりそうな気がしてならない。

 

正確のところは見積もりを取ってみないとわからないけど、
売電価格の高い今のうちなら
投資さえ出来れば回収は確実だろうし、
儲かる可能性も高そうだ。

 

でも手持ちのお金が無くて100万円以上する設置費用なんて
とてもじゃないけど今すぐには用意できそうにない。

 

お金を貯めても貯まる頃には、
売電価格がいくらになっているかわからないし、
考える意味なんてないんじゃないか…。

 

と、諦めてしまう前にぜひ考えてみて欲しいのが、
太陽光発電システムを対象としたローンである
「ソーラーローン」という制度です。

 

太陽光発電を設置するなら、
売電価格が高い水準である今のうちの設置がおすすめですが、
今すぐ設置費用が用意できないという方も多いはず。

 

しかしソーラーローンを上手く活用できて条件さえ合えば、
手持ち資金0円で太陽光発電を設置する事も可能になります。

担保不要で低金利。低リスクで融資が受けられるソーラーローンとは?

ソーラーローン(太陽光発電ローン)とは、
銀行や信用金庫、信販会社やメーカー等で提供している、
太陽光発電を利用している人限定のローンの事です。

 

一般的な住宅ローンやリフォームローンなどと比べて、
圧倒的に低金利である事と、
その大半が無担保である事が特徴で、
とても低リスクで融資が受けられます。

 

銀行系なら三菱東京UFJ銀行やりそな銀行、
あるいは地方銀行などで取り扱いがあり、
信販系ならオリコ、メーカー系ではシャープなどが
代表的な取り扱い先になります。

 

金利は2.5%前後と非常に低金利なところが多く、
また返済期間も最大で10〜15年間にできる
など、
月々の負担も少なくできる事も特徴です。

 

その上、無担保で非常に借りやすくなっており、
太陽光発電を設置したいけど手持ちの現金が無い、
という方にとって、ソーラーローンはとても助かります。

ソーラーローンが利用できる金融機関一覧

こちらに2015年12月時点での、
ソーラーローンの一覧をまとめてみました。

 

ただし、ローンは金利が変わる事も多いですから、
以下の一覧はあくまで目安
として、
現在の金利はきちんと各金融機関に問い合わせるなどして、
最新の情報をチェックするようにしてください。

 

金融機関

種別

金融機関名

(ローン名称)

年金利

金利

タイプ

都市銀行

東京三菱UFJ銀行
(ネットDEリフォームローン)

2.49%

変動

埼玉りそな銀行
(りそなリフォームローン)

2.98%

変動

地方銀行

徳島銀行
(とくぎんソーラーローン〔太陽光発電〕)

2.10%

変動

静岡銀行
(2つの補償付しずぎんソーラーローン)

2.30%

変動

横浜銀行
(はまぎんソーラーローン)

2.35%

変動

西日本シティ銀行
(NCB太陽光発電ローン)

2.40%

変動

2.90%

固定

阿波銀行
(あわぎんソーラーローン)

2.50%

変動

信用金庫

広島信用金庫
(ひろしんソーラーローン)

1.98%

変動

2.50%

固定

かながわ信用金庫
(MFソーラーローン「太陽の恵み」)

1.98%

変動

さがみ信用金庫
(リフォームローン〜エコ割〜)

2.10%

変動

南郷信用金庫
(エコ・ソーラーローン「電光節家」)

2.18%

固定

呉信用金庫
(リフォームプラン・エコローン)

2.20%

固定

浜松信用金庫
(はましんソーラーローン)

2.25%

固定

JAバンク

JAバンク鹿児島
(JAソーラーローン)

1.50%

固定

小売系

イオン銀行
(ソーラーローン)

2.65%

固定

メーカー系

シャープファイナンス株式会社
(ソーラーローン)

2.65%

固定

ソーラーローンのメリットとデメリットは?

ソーラーローンのメリットは何と言っても、
手持ち資金が無くても今すぐ
太陽光発電が設置できるところです。

 

今は売電価格が高めで維持されていて、
売電収入で儲かる可能性が高いので、
太陽光発電を設置するタイミングとしては非常に良く、
特にメリットが大きい
と言えます。

 

逆にソーラーローンのデメリットは、
当然ですが金利を支払わなければならない事です。

 

現状、低金利ではありますが変動金利の場合は、
金利が上がる可能性もありますので、
長期で返済する場合には注意が必要です。

 

リスクを下げる為にはなるべく低金利で、
そして固定金利のローンを選ぶと良いでしょう。

ローンを利用する場合の注意点

ローンを利用する場合にはさらに注意点が2つあります。

 

まずは販売設置業者が提携しているソーラーローンが
一番安いとは限らないのできちんと選ぶ必要がある事。

 

そしてもう一つは補助金を利用する場合に、
都道府県や市区町村から補助金が出るタイミングよりも
設置業者への支払いの方がタイミングが早い為、
設置費用は一旦全額負担する必要がある、という事です。

 

いずれも知っていさえすれば対処可能かとは思いますが、
きちんと考慮の上ローンの金額を設定していかないと、
資金のショートにつながりかねません。

 

ソーラーローンを利用する上では十分注意しましょう。

ソーラーローンを使っても売電価格が高い今のうちに

太陽光発電が儲かる為にはやはり売電価格は重要で、
固定価格買取制度で高めに設定されている今、
というタイミングで、少なくとも検討はしておくべきかと思います。

 

見積もりを取ってみて採算が合わなさそうだったり、
儲かりそうでもギリギリでリスクが高そうなら、
設置を見合わせれば良いだけの事です。

 

ソーラーローンの利用も含めて、
まずは今のこのタイミングで
見積もりだけは取ってみることをおススメします。

さらなる高額査定を呼び寄せる方法!

一括見積サイトに複数登録しておくと、 さらに業者の間で競争が起こるので
お得な見積もりに結びつく可能性がグーンと高まります。

タイナビ

 

無料一括見積で賢くお得に!

・顧客満足度はなんと脅威の98%!
・ペナルティー制度でクレームが多い企業は排除!

 タイナビ



グリーンエネルギーナビ

 

厳選会社を比較して最安値が探せる!

・厳しい審査に通過した会社のみをご紹介
・お客様サポートによる完全個別対応

グリーンエネルギーナビ



さらなる査定額アップを目指す方は、
「タイナビ」と「グリーンエネルギーナビ」
この2つに登録しておくと間違いないですね。

売電価格は毎年引き下げられています。
太陽光発電の導入はまさに今がチャンス!

→たった1分で完了! 太陽光発電の無料一括見積もり