太陽光発電は儲かる?売電収入7つのポイント

厳選会社を比較して最安値が探せます!

太陽光発電の導入費用が、
無料でカンタンに、今すぐ分かります!

→たった1分で完了! 太陽光発電の無料一括見積もり

売電で儲かる為のパネル選び

売電で儲かる為には太陽光発電パネル選びが非常に重要になります。

 

どのパネルを選ぶかによって、まず「発電量」が変わりますので、
なるべくたくさんの電力を生んでくれるパネルを選びたいですし、
パネルによって「設置費用」も変わってきますから、
こちらはなるべく安く済ませたいわけです。

 

つまり、太陽光発電においてパネル選びは、
収入に関わる「発電量」と支出に関わる「設置費用」の両方に影響するため、
売電で儲かるかどうかを考える上で非常に重要な要素になってくるわけです。

モジュール変換効率と設置コストで、売電で儲かるかどうかは判断できるのか?

太陽光発電パネルの発電量を判断する為の目安として、
最も一般的とされる指標は、各メーカーの発表している、
パネルの「モジュール変換効率」です。

 

「モジュール変換効率」あるいは、単に「変換効率」とも言いますが、
これは、パネルに当たった太陽光エネルギーのうち、
何パーセントを電力に変換できるかを数値で表したものです。

 

つまり、同じ太陽光の量でも、変換効率が高いパネルの方が、
より多くの電力を生んでくれるという事になりますから、
変換効率は発電量を予想する上での一つの目安になるわけです。

 

先ほども申し上げましたが売電での儲けは、
「発電量」から得られる売電収入と、
「設置費用」による支出との差し引きで決まります。

 

だったら、各メーカーの太陽光発電パネルを、
変換効率と設置費用で比較していけば、
そのバランスで儲かるパネル選びなんて
カンタンにできそうな気がしますよね。

 

例えば、以下が主要な太陽光発電パネルメーカーの、
2015年9月の変換効率と価格相場の一覧ですが、
これを見ただけなら発電効率であれば東芝でしょうし、
設置コスト重視であればトリナソーラー
という結論になるような気がします。

 

メーカー名
(品番)

1uあたりの
変換効率

1kwあたりの
価格相場

東芝
(SPR-250NE-WHT-J)

20.1% 約32万円

シャープ
(NQ-220AE)

19.1% 約31万円

パナソニック
(HIT244α)

19.0% 約31万円

長州産業
(CS-N233SJ01)

18.2% 約35万円

カナディアンソーラー
(CS6V-225MM)

16.6% 約27万円

トリナソーラー
(TSM-205DC80.08)

16.0% 約24万円

三菱電機
(PV-MA2250K)

15.8% 約29万円

ハンファソーラーワン
(SF160-24-1M200L-W)

15.7% 約29万円

ハンファQセルズ
(Q.PEAK 260)

15.6% 約30万円

サンテック
(STP250S-20/Wdb)

15.4% 約31万円

京セラ
(KJ200P-3CRCE)

15.0% 約34万円

ソーラーフロンティア
(SF170-S)

13.8% 約26万円

 

しかし、話はそう単純ではありません。

儲かる太陽光パネル選びには設置面積の正確な計算が必要

なぜなら、売電で儲かるかどうかを考える上では、
パネルそのものの発電効率と共に、
実際に設置する屋根との相性や、
環境に対するパネルの特性などを、
考慮に入れる必要があるからです。

 

まず、当然の事ですが太陽光発電パネルは、
設置面積が大きければ大きいほど、発電量が大きくなります。

 

そして、屋根の面積や形状によって、
設置可能な面積が変わります。

 

面積は広ければ広いほうが多く設置できますし、
極端な三角形などよりはなるべく真四角の方が、
スペースの無駄なく設置する事ができます。

 

また、屋根の南向き部分の面積が大きいほど、
太陽光が当たりやすく、発電効率の面では有利になります。

 

こうした、屋根の「面積」「形状」「方角」は、
まだわかりやすいと思いますが、
ここにパネルとの「相性」が加わることで、
計算はさらに難しくなっていきます。

 

屋根の寸法とパネル自体の寸法との相性や、
メーカー毎の設置基準との相性によって、
同じ屋根でも設置できる枚数が変わったり、
余白が多く設置面積に無駄が出たり、
という事がよくあるのです。

 

売電で儲かるかを判断する為には、
このあたりの正確な計算が必要になります。

設置環境と太陽光パネルが持つ特性との相性も大きく影響する

そしてさらに問題を難しくするのが、
設置環境と、太陽光発電パネルの特性との相性です。

 

環境とパネルの相性で、最も影響が大きいもの一つが、
気温変化に対する特性です。

 

実は、太陽光発電パネルは温度が上昇すると
発電効率が落ちるという性質があって、
パネルによって、温度が上昇したときの、
発電効率の落ちにくさが違ったりするのです。

 

気温が高く、パネルの温度が上がりやすい地域では、
温度上昇に強いパネルが好ましいでしょう。

 

逆に気温はそれほど上がらないけど、
日照時間が短かったり、太陽光の弱い地域では、
低照度に強いパネルが良いかもしれません。

 

他にも、積雪に耐える強度設計のものや、
塩害や砂に強いものなど、色んな特性を持った
太陽光発電パネルがあります。

 

売電が儲かる為には不可欠な判断材料とは言え、
屋根の正確な測量や、パネルとの相性や、
環境に対する特性までを考慮に入れたパネル選びは、
素人にはなかなか難しいと思います。

 

ざっくりした設置規模くらいであれば、
ご自身で計算する事も可能かと思いますが、
売電がちゃんと儲かるかどうかを判断する為には、
やはりプロに見積もりを頼まれる事をおすすめします。

さらなる高額査定を呼び寄せる方法!

一括見積サイトに複数登録しておくと、 さらに業者の間で競争が起こるので
お得な見積もりに結びつく可能性がグーンと高まります。

タイナビ

 

無料一括見積で賢くお得に!

・顧客満足度はなんと脅威の98%!
・ペナルティー制度でクレームが多い企業は排除!

 タイナビ



グリーンエネルギーナビ

 

厳選会社を比較して最安値が探せる!

・厳しい審査に通過した会社のみをご紹介
・お客様サポートによる完全個別対応

グリーンエネルギーナビ



さらなる査定額アップを目指す方は、
「タイナビ」と「グリーンエネルギーナビ」
この2つに登録しておくと間違いないですね。

売電価格は毎年引き下げられています。
太陽光発電の導入はまさに今がチャンス!

→たった1分で完了! 太陽光発電の無料一括見積もり